赤い絨毯に寝そべる女性

仕事時間以外

笑顔の女性

同伴について

キャバクラでは、出勤時間以外でもお客さんの相手をすることがあります。その場合に利用される言葉として、同伴というものがあります。それはどのような方法なのか紹介するのでチェックしておきましょう。
まず、同伴したいとお客さんに言われた場合は出勤前にお客さんと遊ぶことができるという意味です。これはお客さんからのお誘いなので、断ることも当然でき、勤務時間以外の行動なので給料は発生しません。
しかし、同伴することによって、ポイントが貯まりその評価が店舗に認めてもらえるとより給料をアップさせることもできるのです。
また、同伴はお客さんとデートのように楽しむことができるので、擬似的な恋人気分を味わうこともできます。
同伴で利用する食事代や遊び代は基本的にお客さんが支払うことになるので、自分は財布を持たなくても大丈夫です。
キャバクラで働くときには、同伴することで楽しく遊びより稼げるようになるチャンスなので、お客さんに言われたらなるべく同伴してあげるようにしましょう。

アフターについて

同伴とは違い、お客さんと遊ぶ方法としてアフターと呼ばれる言葉が存在します。この言葉は基本的に店舗の営業時間が終わってからお客さんと遊ぶということです。
時間の違いによってアフターや同伴という言葉の使い方が違うので、注意しておきましょう。同伴との違いは、時間だけではありません。それは、アフターの場合は店舗の管理する時間外なので、ポイントとして評価されることはないのです。
しかし、お客さんはそのようなキャバクラ嬢の努力をしっかり認めており、次に指名してもらえる確率も高くなるのです。
そのため、キャバクラで働くときにはアフターや同伴をすることによって、指名をたくさんとり、更に給料を上がることができるのです。
どんなキャバクラであってもこのようなシステムはしっかり確認しておくことで、楽しく働ける環境が見つけられます。

Copyright(c) 2015 男性から喜ばれるキャバクラ嬢になるために. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com